プロフィール
 

成定早人(ナリサダハヤト)

Author:成定早人(ナリサダハヤト)
自然&料理&歴史&将棋
好き♪
京都嵯峨野、愛宕山のふもとに住んでいます。

 
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 
 

邪馬台国はどこに? その二

 
2018/02/13(Tue) Category : 時事ネタ
邪馬台国がどこにあるのか』は
魏志倭人伝』をどう読むのか
ということとも
深く関わっていまして…

魏志倭人伝に書かれた国々のうち
対馬国~不弥国までは
だいたい北九州にあることが
ほぼ確定的で、
そのあとの、

『南へ水行20日で、投馬国に至る。
長官は彌彌(みみ)、副官は彌彌那利(みみなり)である。
推計5万戸余。』

『南に水行10日陸行1月で女王の都のある邪馬台国に至る。
官に伊支馬(いきま)、弥馬升(みましょう)、
弥馬獲支(みまかくき)、奴佳鞮(なかてい)があり、
推計7万余戸。』

との記述にでてくる
投馬国邪馬台国
どこにあるのかで
意見がわかれてくるわけです。

yamataikokuy89.png
ちなみに僕は
北九州説でして。
魏志倭人伝にでてくる
多くの国が北九州にあるのに、
いきなり
近畿の国がでてくるのは
違和感がありすぎでしょうと。
『水行』というのはどう読むか?
これは川を下ったのでは
ないでしょうか。
おそらく筑後川
ちかくには(邪馬台国説のある)吉野ヶ里遺跡も
ありますし。

でも最近
「ええっ!?」と
思う
記事に出会い
九州説に
にわかに自信がなくなったのです。
[つづく]


ランキングに参加してます
 ぽちっと一押しクリックいただけると、
 とてもうれしいです
 ありがとうございます

コメント、お待ちいたしております
 コメント文表示をご希望でない方は、
 コメント欄に「非表示で」とご記載ください。
 よろしくお願い申し上げます
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード