FC2ブログ
 
プロフィール
 

成定春彦(ナリサダハルヒコ)

Author:成定春彦(ナリサダハルヒコ)
自然&料理&歴史&将棋
好き♪
京都嵯峨野、愛宕山のふもとに住んでいます。

 
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 
 
 
 

アメリカの皇帝閣下

 
2016/02/19(Fri) Category : 日記
先日、
はじめて知ったこと。

あの
アメリカに皇帝閣下がおられたということ!
ノートンⅠ世 ジョシュア・エイブラハム・ノートン
(1819年?~1880年)  Wikipedia

サンフランシスコに住むノートン閣下、
1859年に唐突に
新聞各社に「合衆国皇帝を宣言する」との声明文を送り、
皇帝陛下の道を歩み始めます。

以降
新聞各社に
「勅令」投書をつぎつぎと送付。

「議会を解散しなさい」
「クリスマスには街路樹を飾りなさい」
「橋を作りなさい」
当然ながら
もちろん、ほとんど黙殺されちゃうんですけど
(実現されたものも、たくさんあるそうです)

しかしアメリカのすごいところですよね、
ノートン閣下は
市民の絶大な支持を集めていたといいます。
最高級のレストランでご飯を食べ、、
お金がない閣下は
代金が払えないのですが、
オーナー「かわりに、
閣下ご用達店のプレートを飾らしていただいてもよろしいですか?」
閣下「かまいませんよ」
で万事OK。
葬儀には
なんと三万人が列をなしたのですって。

なんか
すごすぎる方です。
日本じゃちょっと
考えられないな~

『ニューヨーク・タイムス』は
「彼は誰も殺さず、誰からも奪わず、誰も追放しなかった。
彼と同じ称号を持つ人物で、この点で彼に立ち勝る者は1人もいない」と
評する追悼記事を掲載したといいます。
(ウィキペディアより)


ランキングに参加してます
  ぽちっと一押しクリックいただけると、とてもうれしいです
  ありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

拍手もありがとうございます。励みにさせていただいてます
スポンサーサイト



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード