FC2ブログ
 
プロフィール
 

成定春彦(ナリサダハルヒコ)

Author:成定春彦(ナリサダハルヒコ)
自然&料理&歴史&将棋
好き♪
京都嵯峨野、愛宕山のふもとに住んでいます。

 
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 
 
 
 

祇園祭の儀式

 
2014/07/06(Sun) Category : 歩き・トレッキング・自転車ほか
昨日(土曜日)は
用事があって四条通に出ていたのですが、
大丸さん(百貨店)の近く、
長刀鉾の会所の前が
すごい人出でびっくり

naginata0413.jpg

会所の二階の窓から
祇園祭の稚児が
身を乗り出しています。

naginata0412.jpg

危なくないのかな?
なんて心配をしたりして。

そのときは
なんだろう~なんて思っていたのですが、
自宅に帰ってから
「吉符入」という祇園祭の大事な儀式のひとつだと
わかりました。

「吉符入」とは
稚児の舞が
役員さんからOKですよ~って
お墨付きをもらえたのを記念して
四条通にむかって
(舞を)披露する儀式だそうです

京都にながらくいるけれど
恥ずかしながら
はじめて見ました。
偶然ながら
いいもの
見れたなぁ

   

町にはお囃子も流れるようになり、
祇園祭の近付きを感じる今日この頃です。

稚児、優雅に太平の舞 祇園祭・長刀鉾「吉符入り」  [京都新聞ニュース]

2014070522081105_kippuiri.jpg
身を乗り出して「太平の舞」を披露する稚児の平井誠人君(中央)と禿の2人=5日午後3時24分、京都市下京区・長刀鉾町会所

 祇園祭の山鉾巡行で先頭を行く長刀鉾の神事始め「吉符入り」が5日、京都市下京区四条通烏丸東入ルの長刀鉾町会所で営まれ、稚児が巡行当日に鉾の上で舞う「太平の舞」を披露した。

 午後3時、長刀鉾保存会の役員が、稚児の平井誠人君(9)と禿(かむろ)の石田佳希君(10)、井上喜晴君(10)の名前を書いた吉符を祭壇に供え、祭りの無事を祈願した。その後、四条通を見下ろす2階の窓辺に3人が並んだ。

 囃子(はやし)の音色が響く中、平井君はクジャク羽根で飾った冠を付け、振り袖を揺らしながら優雅に舞った。裏方の大人に体を支えてもらいながら、大きく外に身を乗り出すと、見守った市民から歓声が上がった。
【京都新聞ニュース 2014年07月05日 22時40分】




ランキングに参加してます
  ぽちっと一押しクリックいただけると、すごくうれしいです
  ありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

拍手もありがとうございます。励みにさせていただいてます
スポンサーサイト



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード