FC2ブログ
 
プロフィール
 

成定春彦(ナリサダハルヒコ)

Author:成定春彦(ナリサダハルヒコ)
京都市左京区の学習塾に
おります。
宝ヶ池→こちらです
自然&料理&歴史&将棋
好き♪
住まいは
右京区です。

 
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 
 
 
 

全日本プロレスAJP ニュース

 
2014/07/01(Tue) Category : プロレス
全日本プロレス ニュース

諏訪魔4度目3冠 豪快ラストライド  [日刊スポーツ]

<全日本:札幌大会>◇29日◇北海道・札幌テイセンホール

 3冠ヘビー級選手権は、諏訪魔(37)が通算4度目となる王座返り咲きを果たした。15日に王座を獲得し、初防衛を目指す大森隆男と対戦。オノ爆弾を何度も浴びる苦しい展開も、強烈なラリアットで流れをつかんだ。最後は、必殺のラストライドを豪快に決めて、33分9秒、体固めで勝利した。試合後には、タッグパートナーのジョー・ドーリングと初防衛戦を行うことを宣言。「世界一のぶつかり合いを見せて、世界一頑丈なレスラーだと証明してやります」と話した。

 [2014年6月30日9時36分 紙面から]


6月15日開幕の
2014ダイナマイトシリーズが6月30日(月)に無事閉幕しました。
開幕戦こそ後楽園でしたが、
以降は
北海道の各会場を転戦。

6月28日(土)および6月29日(日)
札幌テイセンホールでは
諏訪魔選手&ジョー選手組 VS 大森選手&秋山選手組の世界タッグ選手権試合、
大森選手 VS 諏訪魔選手の三冠ヘビー級選手権試合が
それぞれ催されました。

ここ最近、
全日本プロレスでは
闘いの軸を
秋山選手の訴える「世代間闘争」か、
諏訪魔選手の唱える「ユニット抗争」か、
どちらに置くかが
ひとつのテーマとなっていました。

二連戦の結果いかんでは
その方向性が明らかになってくると
予想されていました。

結果は…
世界タッグ選手権試合は大森選手&秋山選手の勝ち、
三冠ヘビー級選手権試合は諏訪魔選手の勝ちと
痛みわけの結果に。

重み的には
三冠ヘビー≧タッグのベルトですので、
諏訪魔選手の唱える
「ユニット抗争」が
全日本プロレスの闘いの主軸になってくると思われます。
(次期挑戦はジョー選手)

「ユニット抗争」は
自分の解釈でいうと
ストーリーよりも
個別の試合の内容をより重視するというイメージ。

今回の三冠戦は名勝負との呼び声が高く、
諏訪魔選手は自らの行動で
自身の望む闘いの軸のありかたというものを
示す形となりました。

   

それは素晴らしいのだけど
京都テレビの全日本プロレス中継が
いつのまにか終了してしまい…
肝心の試合をみる術がないのだが...


ランキングに参加してます
  ぽちっと一押しクリックいただけると、すごくうれしいです
  ありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

拍手もありがとうございます。励みにさせていただいてます
スポンサーサイト



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
リンク
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード