FC2ブログ
 
プロフィール
 

成定春彦(ナリサダハルヒコ)

Author:成定春彦(ナリサダハルヒコ)
自然&料理&歴史&将棋
好き♪
京都嵯峨野、愛宕山のふもとに住んでいます。

 
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 
 

す、すごいです!

 
2012/11/13(Tue) Category : 生き物・自然
実は

京男

ノビル 大好き 人間です…
※ノビルは、おいしい雑草です

我が家の裏庭のノビルは

(観察日記なんかも書かせていただきましたが)

九月に咲きだした花はすっかり枯れ

葉っぱは、先日の雨にうたれて

すっかり張りを失い

いまは

黒い種をぽろぽろと

地面に落とすばかりです。

…で

そのノビルで

驚愕のことがあったのです

今朝

ご近所のノビルの種の出来具合を見学に行こうかと

「ひさびさに

ノビルロード※を通って店に行こうかな~

※ノビルロード…市営住宅のとなり道は、
道端に大量のノビルが生えていて
勝手にノビルロードと名付けています

と ノビルロードにチャリンコで向かいますと

道端のノビルは…

なっ なんとッ

nobisan-0021.jpg

まだ

おもいっきり満開の

株があるッッッ

今年、我が家の

ノビルが咲いたのは9月13日で

その頃の最高気温は

30度近いと思うのですが、

11月のいまの最高気温は

だいたい15度ぐらいで、

同じ種類の植物が

これだけの温度差で

花を咲かせてるって

なんか すごくないっすか

同じ草や木の、同じ株が

これだけの温度差で花を咲かせ続けることは

あるような気がしますが、
(さるすべりとか)

植物は

だいたい気温何度ぐらいで花を咲かせるぞう

っていう遺伝子があって

たとえば桜みたいに

いっせいに咲いていっせいに散る、

ということになると思うのですが

同じ植物の違う株で

これだけ条件の違うときに

花が咲くって

驚異的すぎて

なんかありえない感じがします

近い場所に生えている、

同じ種類の、違う株が、

異なるタイミングで花を咲かせるのは、

たぶん

よりたくさんの回数、

蝶や蜂など

受粉を手助けしてくれる昆虫に

花を訪れてもらうことで

受粉の確率を高めようっていう作戦なんですよね…

もともと

ノビルは

ほかの植物との競争を避けるためか

あまり植物が生えないような

荒れたところなんかに根を下ろすことが多いのですが、

そうか…

同じノビル仲間のあいだでも

競争を避けるため

花を咲かせるタイミングを

ずらしているわけか…

目があるわけではないのに

どういう仕組みなんでしょう…

す、すごすぎるぞ、ノビル――― ッ

それにしても、

ノビル殿

とことん競争を避けて

自分の能力をひたすらアップさせるって、

なんて

しなやかで

思いやりがあって、

そして

力強い生き方なんでしょう…

見習いたいです…

って高度すぎて

京男には

とてもじゃないが

ムリです(キッパリ)

   
  
京都嵐山の水曜日のお天気(予報)は…

    /   晴れときどき曇り
 
です

明日も、よい一日を~


↑ランキングに参加しています
 ただいま 3位(ぐらい)
 ランキングサイトへぽちっと行って、
 順位のブログ名をも一度クリックして帰ってきていただけると、
 とてもとてもうれしいです
 いつも、ありがとうございます

galettelogo.gif
「コアユ・ガレット」ホームページへ
スポンサーサイト



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード