FC2ブログ
 
プロフィール
 

成定春彦(ナリサダハルヒコ)

Author:成定春彦(ナリサダハルヒコ)
自然&料理&歴史&将棋
好き♪
京都嵯峨野、愛宕山のふもとに住んでいます。

 
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 
 
 
 

おいしいパン屋の見分け方

 
2010/05/20(Thu) Category : 未分類
意外かもしれませんが、

パンは生鮮食品です。





窯出し直後のパンは、

とても美味。



なぜなら、

窯出し直後のパンは、

熱による膨張と、

水分保持の関係から、

生地が最もふんわりしっとりしているからです



そして時間がたてばたつほど、

生地は冷たくなり、

加速度的に硬くなっていってしまいます



ですから、

どんな高級な素材をつかったパンでも、

どんなに腕のよい職人がつくったパンでも、

窯出し直後のパンのおいしさにはかないません。


まぁ…たとえば、

窯出し直後のあんぱんのおいしいこと


一度口にすると、夢見心地になることうけあいです。






さて、今回のタイトルは「おいしいパン屋の見分け方」ですが、

いくつかある見分け方のひとつは、

ずばり

「夕方でもパンを釜(オーブン)で焼いているお店か」です。


それは、お店が閉店間際まで、

焼き立ての美味しいパンを提供しようとしている姿勢のあらわれですし、

また、

パンの回転が早い(パンが売れるスピードが早い=お客様が多い)

ということでもあります。


パンはミキシングから焼成(しょうせい)まで、

最低3時間はかかりますから、

夕方に釜焼きしているということは、

お昼過ぎにパン作りをはじめていることになります。


お昼過ぎに、

廃棄ロス(パン屋さんは廃棄ロスがおもいのほか多い)を恐れず

ミキシングを始めることは、

商品に自信がないとなかなかできないことです。


いずれにしても、

良質なパンを製造している証しとなりますね。


夕方でも職人さんがあわただしく仕事をしているパン屋さんは、

おそらくきっと、

おいしいパン屋のはずです





どのベーカリーに行こうかと迷ったときは

ぜひ一度お試しあれ~




↑ランキングに参加しています。クリックひと押し、よろしくお願いいたします
 ブログへのご訪問、いつもありがとうございます

 


ayulogo.gif   こあゆ屋ホームページへ

スポンサーサイト



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード