プロフィール
 

成定早人(ナリサダハヤト)

Author:成定早人(ナリサダハヤト)
自然&料理&歴史&将棋
好き♪
京都嵯峨野、愛宕山のふもとに住んでいます。

 
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 
 

いてくれたなんて…

 
2017/08/18(Fri) Category : 生き物・自然
超驚きの
ビッグニュース!
http://www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20170817/sc2017081701000709.shtml
長崎新聞ニュース
野性のカワウソ発見
ですって!
絶滅種の発見といいますと
クニマスを思い出しますが
カワウソさんも
ですか…
ニホンカワウソか
(別種かは)
調査中のようですが、
なにより
カワウソが棲息できる
環境が残っている、
という事実が
とても嬉しいです。感涙…


ランキングに参加してます
 ぽちっと一押しクリックいただけると、
 とてもうれしいです
 ありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

夏の終わり

 
2017/08/16(Wed) Category : 日記
送り火が
夜空に
浮かびました。
夏も終わりですね…

夏らしいこと
なにひとつ
していないのに
少し物悲しい気持ちになるのは
なぜなのか…(^^;


ランキングに参加してます
 ぽちっと一押しクリックいただけると、
 とてもうれしいです
 ありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

石の秘密 その5

 
2017/08/15(Tue) Category : 生き物・自然
[つづき]

こうして
みっつの小石の
鑑定が
終わりました。
波照間島の石は
鑑定の先生にも
とくに時間をかけて
説明していただきまして。
石の産地(?)により
石の成り立ちを
探っていくって
なんだか
謎解きミステリーのようです。
地学の入り口の入り口を
すこし垣間見た気が
いたしました。
※※※
正直いいますと
アメジストは
本物とは
思ってなかったんですよね、
プラスティックか
模造品かなにかで
オチにでもなればと(^^;
いい意味で
裏切られました 笑
※※※
石の正体が
わかり、
長年の疑問が
解消し
こころが晴れました。
石灰石はもちろんのこと
どの石も
これからも
大切にしようと
思いました^^
…そうそう
地学館訪問を機に
がせん
興味がわいたのが化石。
石灰石も石炭も
化石でしたから。
奥の深そうな化石の世界、
これから
いろいろ
勉強しようと
思いました。

[おわり]


ランキングに参加してます
 ぽちっと一押しクリックいただけると、
 とてもうれしいです
 ありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

石の秘密 その4

 
2017/08/15(Tue) Category : 生き物・自然
[つづき]

みっつめは
この小石。
ishis2185.jpg
波照間島(沖縄県)で
出会ったものです。
不思議なのは
真ん中に
穴が
開いているところ。
「石灰岩だと
思うのですが…」
「そうですね、
石灰岩ですね」
鑑定される方の目が
これまでと
あきらかに
違います。
「これは
どちらで?」
「波照間島です」
「北の浜ですか?」
「南のほうだと…」
いろいろと
質問をされます。
「これは
有孔虫が集まって
石になったものですね」
ん…
有孔虫ですか…
「石の穴は
なんでしょう?」
「巻き貝の
空洞部ですね」
「貝ですか?」
「ここを
よくみてください」
hateruma02186.jpg
「この白いラインは
巻き貝の殻の
断面です。
有孔虫が石になるとき
巻き貝が
なかに
はいっていたのです。
そして
巻き貝の空洞が
そのまま残ったのですね」
「…!」
たしかに
白い円状の線が
うっすらと
見えます。
「ということは
この石は
化石ですか?」
「そうです、化石です」
なんか
すごいぞ ^^
石の穴が
貝によるものとは
思ってもいませんでした。
びっくりです!

[つづく]


ランキングに参加してます
 ぽちっと一押しクリックいただけると、
 とてもうれしいです
 ありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

石の秘密 その3

 
2017/08/11(Fri) Category : 生き物・自然
[つづき]

僕の石を鑑定していただけるのは
男性の岩石の専門家の
方です。
「どれから
いきましょうかね…」
きさくにニコニコと微笑みを浮かべながら…
「じゃ、こちらから」
と指でさしたのは
ishis2183.jpg
紫色の小石です。
「もしかして
アメジストなんじゃないとか
思うのですが…
とおずおずと切り出すと、
「アメジストですね(アッサリ)」
僕は
すごいものなんじゃないかと
期待していたのですが
アメジストといいましても
欠片で
たいした代物ではないようです
でもでも
本物とわかりまして
少し誇らしいです

つづきましては
こちらの黒光りする石。
ishis2184.jpg
「石炭じゃないかと
思っているのですが…」
「そうです、石炭ですね。
無煙炭という上質な
石炭です」
それから
時間を割いて
石炭がどうしてできるのかを
説明していただきました。
元は
植物(木)なんだそうです。
それが
気の遠くなるような
長い時間をかけて
石炭へと
変化していくのだとか。
たき火をすると
一時間ほどで
炭になるのに、
自然のなかで
何万年もかけて
炭化していくって
なんだか不思議です…

[つづく]


ランキングに参加してます
 ぽちっと一押しクリックいただけると、
 とてもうれしいです
 ありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード